量をやらないと結局ダメです

※ブログ社長ランキングの中で、
なみきけんたろうは今堂々の◯位です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓



なみきです。
あなたは、「質」「量」の法則をご存知ですか?

何かを成し遂げたり、
何かのスキルを身に付けたりするときに
「質」「量」がとても重要な要素になります。

「質」というのはその内容の部分。
メソッドの部分です。

「量」はそれをどれくらいやるかということです。

実際、多くの人は「質」について重視しますが
「量」についておろそかにしていたりします。

「やったことがあるからいいや」
「聞いたことがあるからいいや」

・・・

つまり、いろいろな勉強をしたりメソッドを体験したりして
いろいろなことが分かるような気になっている。

でも「わかる」「できる」は違う

ワークショップやセミナーを開催した時に
よく聞く言葉が

「あ、それ聞いたことあります」
「●●先生が言ってたのと同じです」

でも、実際にそれをやっているかと言ったら
ほんのちょっと触ったくらいで
実践していないことが非常に多い。

だから結果も出ていない。

頭でわかっていることと
実際にできていることのギャップが激しかったりします。

これはどんなに素晴らしい考え方やノウハウを教えてもらっても
それを繰り返し反復していないからできないのです。

世の中には「天才」といわれるスポーツ選手がいますね。

でも、彼らは決して天才だからではなく、
人よりも何倍も繰り返し反復してきただけだということを
口々に言っています。

つまり「練習の質」「ノウハウの質」も大事ですが
それをどれくらい反復するかという「量」も大事なのです。

そしてこの量を積み重ねていくことで
やがて「本当の質」に転化していくのです。

あなたが本当の実力をつけたかったら

「量をこなす」ことを第一に考えてみてください。

じゃあ、この量はどうしたらいいの?

「環境」に入ることです。
つまりやらざるを得ない環境に身を置いて
量」をやっていくことです。

一人で我流だけでは絶対に成功しません。

必ず環境に入って
その中で量をこなすことが大事なのです。

是非あなたもこの考え方を取り入れてくださいね。

※ブログ社長ランキングの中で、
なみきけんたろうは今堂々の◯位です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓