サラリーマンと社長の稼ぎ方の違い

※ブログ社長ランキングの中で、
なみきけんたろうは今堂々の◯位です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓

一般的にサラリーマンといわれる人たちと社長、起業家、投資家と言われる人達。
年収にすると圧倒的に社長と言われる人達が多くもらっています。

「そんなの当たり前だよ。社長なんだから」

と思っている人がいたらちょっと待ってください。
何か疑問に残りませんか?

同じ人間で、同じように一日24時間与えられているのに
なぜサラリーマンと社長や起業家、投資家といった人たちは収入が全然違うのでしょうか?

何か特別な才能があるからでしょうか?
何か特別な魔法でも使えるからなのでしょうか?
何かものすごく特別な秀才の学校を卒業したからでしょうか?

ここに問題意識を持てたら
あなたの収入の構造は一気に変わっていきます。

基本的に人間的には何も変わりありません。
学歴が高いから社長になれるわけでもありません。
学歴関係なしにガンガン稼いでいる経営者はたくさんいます。

単純にいうと
サラリーマンと言われる人たちと
社長、起業家といった人たちは「収入の種類」が違うのです。

サラリーマン、アルバイト、派遣社員、契約社員といった人たちは
いわゆる「労働収入」というお金をもらう人達です。

一定時間拘束されて拘束された中で与えられた仕事をしていく人達です。
時間内により多く働くことで収入を得られます。
そして支払われる給料以上の成果を上げることが求められます。

より長時間働く人は残業代なども含めて多く報酬を貰え、
一日数時間程度のアルバイトの報酬は多くないのです。

ですので、サラリーマンの中には
年収は他の会社の社員よりは高いけど忙しすぎて使う暇が無いという人も多くいるようです。

 

一方で、社長、起業家、投資家という人たちは別のお金の手に入れ方をしています。
長く働けば収入が高くなるという収入源ではありません。
わずか数時間の労働でサラリーマンの年収の何倍も手に入れることができます。

それはなぜかというと、彼らは「成果」によって報酬を受けるからです。

どれだけの売上を作らせたか
どれだけの大きな取引を成立させたか
どれだけの権利を手に入れたか

そういった成果を作ることによってお金を作っているのです。
だから成果さえ出していれば一日遊んでいてもお金が入ってくるのです。

学校教育では「汗水たらして働きなさい。それが一番良い生き方です」
と教えられます。

まさにそれが正解なのですが、
それが報われるかどうかは
「労働収入」
「成果収入」のどちらを選択するかで全く変わっていきます。

同じ3年間働くにしても、選択の違いで収入は大きく変わります。

ちなみに、「労働収入」は働けばすぐにお金になりますが
「成果収入」はすぐにお金にはなりません。

最初はそのお金の流れを作る為に
普通のサラリーマン以上に時間を惜しんで働きます。

そしてたくさん勉強や自分磨きを行います。
その為にたくさんのお金を使うこともあります。

そういった犠牲を最初に払うからこそ
お金の流れができた時に
大きな収入を手にすることができるのです。

あなたは「労働収入」と「成果収入」の
どちらを手に入れる人間になりたいですか?

 

 

※本日の記事が少しでもおもしろい、有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにポチっとご協力頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓